HOME||Map||Hit Food >Pork
 
《手塩にかけた愛知県産の豚肉が金賞受賞》
炭火焼肉池田の仕入先、家田畜産」さんが育てる「桜ポーク」は、金賞受賞を幾度も獲得しています

 

 

 

最優秀賞受賞は、優れた生産者におくられる

「さくらポーク」養豚舎
家田さん、池田社長、池田店長

のんびり家族の家田ファミリ

手塩にかけて育てる…
あたりまえのことしかしない


エサの大麦30%以上比率

 
おだやかな性格「桜ポーク」

のびのびストレスフリーライフ 


ごろ〜ん!

 
家田畜産は、のどかで静かな場所、愛知県 南知多に養豚場をかまえている
自然に囲まれ、空気が住んでいる環境


《養豚農家として》家田畜産さんでは、豚特有の品種特性を生かし交配した交配豚を生産しており、その感覚は、業界内のプロをうならせている。

※その豚を“桜ポーク”と名づけ、これを業界用語で「三元肉豚」あるいは

系統三元豚」と呼ぶ。


《畜産業界用語》愛知県が研究開発した系統豚と、愛知県内で営んでいる養豚畜産の農家の方々が交配した三元肉豚のかけあわせを「銘柄豚」と呼ぶ。

家田畜産
現在2代目。3代目とともに愛知県知多郡南知多町で農業経営。飼養特徴;子豚の死亡率が0.2%、脂質のオレイン酸は黒毛和牛肉レベル値の50%と同等の含有量、大麦を与えても(本来大麦は成長停止させる)順調に飼養する、技術面:クラシカル。エサに関する事実:JAあいち経済連のエサであり出荷前に特別に変える事もしない。 
※オレイン酸には、動脈硬化を防ぐ役割が知られています
家田さんがそだてた「スーパー・サクラ・ポーク」は、オレイン酸が高くコクもあることからスペシャル豚で、スペインのイベリコ豚ベジョータを難なくしのぐほど。

 

《愛知といえば豚》
愛知県の研究結果が2007年結実し、計3種の系統豚となったが、そもそも愛知の豚が人気があるゆえんは、この系統豚を養豚農家へ供給することを成し得ている事実が、業界内で信頼があるからです。

系統三元豚はすでに愛知県内のスーパーやレストランで普及しはじめていて、これからも品質の確認が明瞭で、またその情報交換も行なわれているので、技術が向上しています。

系統三元豚とは》
系統三元豚とは系統豚と三元肉豚の略

《系統豚とは》
系統豚とは、斉一性の高い(DNAが似ているという意)豚のことを系統豚と呼び、この系統豚の存在によって肉豚生成の基をになっている。現在、愛知県の畜産総合センターが、肉豚生産の基となる3品種の系統豚を維持しており、その3品種の系統豚は、愛知県内の養豚農家に供給をし、家田畜産さんのように、各養豚農家は、それぞれの品種の特性を生かし、交配をし、交配豚を生産している。その交配豚のことを、「三元肉豚」と呼ぶ(ブランド豚、銘柄豚と同意義語)。

《系統豚の3品種》
‐赦
54年愛知県が開発「ランドレース種」
⊂赦
63年愛知県が開発「大ヨークシャー種」
J神
19年愛知県が開発「デュロック種」

《豚コンクール》
愛知県で実施される「豚のコンクール」を共励会(きょうれいかい)と言い、このコンクールでは、優れた生産者が競い合います。(株)東三河食肉流通センターで実施され、最優秀賞に選ばれた生産者は、最も優れた生産者となる。テーマは、系統三元豚枝肉共励会。主催は、JAあいち経済連。開催の目的は、共励会実施によって、養豚農家経営の安定と飼養技術の向上にあり、さらに日ごろの飼養管理に繁栄につながる。参加者数32名ほど。開催数は年1回。開催で飼養効率の生産性の向上化が図られる。

 

《まとめ》家田さんが飼育した銘柄豚「桜ポーク」は、コンクールで最優秀賞を受賞したことで、この豚が究極の中の究極豚であることは疑えません。 さくらポークを「エリート豚」と言いかえることが可能です。

 

豚肉は栄養価が高くて安価でおすすめ
桜ポークをぜひお召し上がりください

 

 
HOME| |Map